建築スケジュール

トップ > 建築スケジュール

建築スケジュール

土地などのご相談
土地に関するあらゆるご相談を承ります。
  • ・これから土地の取得を検討のお客様には、ご希望の物件探しをお手伝い致します。
  • ・お客様がお持ちの土地の確認(道路・境界・給排水・敷地条件等を事前に調査します)
  • ・すでにお客様により設計がお済みの場合も、建物施工を請け負わせて戴きます。
建物お打ち合わせ
設計スタッフがお客様のご要望をお伺い致します。
  • ・お客様のライフスタイル、建物イメージを教えてください。
  • ・建物の用途、間取り、構造等の確認
     (設計プラン集・完成資料をご覧頂けます)
  • ・ご使用開始時期、建築施工の期間
     (軽井沢町7月25日~8月末まで工事自粛期間)
  • ・ご予算・資金計画のご相談
  • ・設計デザイナーの紹介も行っております。
建物お打ち合わせ
敷地調査をもとにお客様のご要望と当社の提案をプランにします。
  • ・敷地調査(法規確認、現地測量、樹木等植生確認)
  • ・建物プラン提示(配置、平面、立面、パース等)
  • ・概算のお見積り書作成

※基本設計の段階で、プラン変更2回までは費用の負担はございません。

設計契約・実施設計
ご希望のプランを取りまとめて設計契約を結びます。
  • ・詳細実施設計図の作成(建物概要、各詳細図、構造図、仕様図、設備図等)
  • ・地盤調査(敷地の地耐力から地盤補強の必要性を確認)

※この段階で設計契約を結びます。

土地などのご相談
実施設計・資金面のご確認をいただき、ご契約となります。
  • ・各種申請書の提出(建築確認、景観条例、浄化槽等)
  • ・着工前の最終打合せを行います。
  • ・瑕疵担保責任保険の加入
土地などのご相談
建物を造っていく為の準備をします。
  • ・隣接、管理事務所等へのご挨拶(当社にて行います)
  • ・敷地障害物除去(支障木伐採、地均し等)
  • ・地縄確認(建物の外形を敷地表し、建物の配置を確認)
  • ・ご希望により地鎮祭(工事の無事と建物の安全や繁栄を祈る儀式)
  • ・工事着手(お客様とお打合せにより各仕上げ材を決定します)
  • ・定期報告(メール等により工事の進捗状況を報告します)
土地などのご相談
大切な建物を熟練工が丁寧に仕上げます。
  • ・地盤改良工事(地盤調査報告に基づき必要な場合のみ施工)
  • ・基礎工事(冬場の凍結と、湿気対策を重点に設計します)
  • ・上棟(太い材料を使った安心躯体構造)
  • ・内外仕上げ工事(お客様に合う材料を豊富に用意しています)
  • ・設備工事(気品、機能、環境への配慮を考えます)
  • ・外構工事(ご希望により、アプローチ・門扉・塀・植栽など)

※各工程で公的機関の構造検査、社内検査を実施致します。

土地などのご相談
社内検査、行政完了検査後、お客様による最終確認
  • ・社内検査(当社チェックシートにより社内検査員が実施)
  • ・行政完了検査(当社にて立会い)
  • ・お客様立会い確認
  • ・建物、設備関係の取扱い説明
  • ・竣工書類(保証書・取扱説明書・工事記録写真等)
  • ・お引渡し(鍵・建物・備品等をお渡しし、ご入居となります
  • ・その他(表示保存登記、固定資産税課立会い確認等)
土地などのご相談
ご入居後も安心してお住まいいただけるように、アフターフォローを致します
  • ・定期点検(1年、2年、5年後)無料自主検査を致します。
  • ・別荘管理(定期巡回、水道開閉栓等個別の契約となります)
  • ・クリーニング(建物清掃、草刈等個別にお見積りします)
  • ・リフォーム(外装塗替え、内装模様替え、各種設備機器修理)
  • ・ご不明な点等ございましたら、当社へご連絡ください。
  •  当社スタッフが迅速に対応させて頂きます。

着工から完成まで

  • 着工前
    • 1.着工前
    • 2.設計調査
    • 地耐力及び法的調査を
      おこないます
    • 3.伐採・伐根工事
    • 建物位置に対し最小限の
      伐採を行います
    • 4.杭工事
    • 地耐力不足に対する
      補強工事を行います
    • 5.掘削・砕石工事
    • 凍結深度まで掘削し砕石を
      敷込転圧します
    • 6.鉄筋・型枠工事
    • 鉄筋組立及び型枠建込みを
      します
    • 7.コンクリート打設
    • 基礎コンクリートの打設を
      行います
    • 8.基礎出来型
    • コンクリート強度試験も
      行います
    • 9.防湿コンクリート工事
    • 湿気対策として床下全面に
      打設します
    • 10.床組工事
    • 躯体工事のはじまりです
    • 11.壁組工事
    • 2x4・2x6工法により
      組み上がっていきます
    • 12.躯体工事
    • ポスト&ビーム工法により柱と
      梁が組まれ全景が見えてきました
    • 13.外装工事
    • 屋根材・外壁板の取付です
    • 14.断熱工事
    • 寒冷地に充分な断熱を行います
    • 15.内装工事
    • 仕上げ材を張っていきます
完成外観

地盤調査・地盤改良

地盤調査

地盤の強さは見かけではわからないため、その地盤の土の強さを調べる調査を行います。
住宅では、スウェーデン式サウンディング法(SS式)という簡易な方法が用いられます。
精度が高い調査が必要な場合にはボーリング調査を行います。現場にヤグラを組み、数十メートルの深さでの土質調査、サンプリングも可能です。
スウェーデン式サウンディング法の地盤調査は、1つの敷地で約数万円程度の費用で出来ます。
ボーリング調査は、10m程度の地盤調査で約25万円程/1カ所当たり掛かります。

地盤改良

地盤調査の報告書により、地耐力が弱い場合や、不安定な結果が出た場合、その敷地の勾配や、支持する地盤の深さなど状況によって適切な工法を選択します。
・表層地盤改良工法・・・・軟弱地盤の土にセメント系硬化剤などを入れて、元々の地盤全体を強く改良する方法。
 軟弱地盤が2m程度までの深さにある場合に用いる。
・柱状改良杭工法・・・・ 直径60cm程度の部分を専用の重機で掘削し、その部分の土にセメント系硬化剤を入れなから改良し、埋め戻す方法がある。軟弱地盤が8m程度までの深さにある場合に用いる。それ以上の深さまで、軟弱地盤がある場合は杭工事が必要。